内閣支持率がネットで話題に 辞意表明後の“爆上げ”…「安倍さん、三周目あるんじゃないか?」「全く理解できません…」

 ネット上で「内閣支持率」が話題になっている。共同通信社が今月29、30両日に実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率が1週間前の調査より20ポイント超も上昇したためだ。ツイッターでは「内閣支持率」に検索目印となる「#(ハッシュタグ)」を付けて、「20%(ポイント)も爆上げ!!が話題らしい」「どうしたんだろう??」といった投稿が相次いでいる。

 今月29、30両日の調査によると、内閣支持率は56.9%。1週間前の22、23両日の調査より20.9ポイント増加した。退陣表明の時期については「適切だった」が58.6%。「遅過ぎた」は25.3%、「早過ぎた」12.7%だったという。一般的に、政権が末期に近づくと支持率も低落するが、第2次安倍内閣の場合は急増するという異例の結果に。安倍首相は第1次政権時の平成19年9月、持病の潰瘍性大腸炎の悪化で辞任したが、24年12月に再び首相に返り咲いた。このため、ツイッターには「安倍さん、三周目あるんじゃないか?」「やはりいなくなって気づく重要さということかな」と“再々登板”を期待したり、安倍首相の功績を評価したりする声が続出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ