尖閣中国漁船衝突事件の船長釈放 前原元外相“菅直人氏が指示”証言にツイ民「これがガチの忖度ってやつかな?」「終わっとんな」

 平成22年に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件から7日でちょうど10年。前原誠司元外相が産経新聞の取材に対し、当時の菅直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明らかにしたとの報道を受け、ツイッターでは8日、「前原元外相」がトレンドの上位に食い込んだ。政権中枢の一人だった前原氏の証言に「これ、事実だとしたらとんでもねぇや」「けっこうな爆弾が炸裂したな」と多くのネットユーザーが衝撃を受けたようだ。

?事件は22年9月7日、尖閣諸島沖の日本の領海内で発生。中国漁船が海保の巡視船2隻に相次いでぶつかり、海保は8日未明に船長を逮捕した。その後、中国側はレアアース(希土類)の対日輸出停止や中国内での邦人拘束といった対抗措置をとり、那覇地検は24日、勾留の期限を5日残して船長を処分保留で釈放することを決定。那覇地検は理由として「日中関係を考慮」などと説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ