総裁選共同記者会見詳報(4)石破氏、森友・加計、桜「納得した人は非常に少ない」

 石破氏「円が安くなったことによって、外国人が今まで1万ドル出さなきゃ買えなかった株が6000ドルで買えるわけですね。株は高くなりました。円ベースで換算すれば企業の収益は上がりました、最高益になりました。

 有効求人倍率は全て1を超えました、素晴らしいことです。これは引き継がなければならないが、これがサステナブル(持続可能)なものなのか、構造改革をもたらしたか、地方第1次産業、中小企業、女性、そういうような潜在的な可能性のある、そういう分野を最大限に引き出していきたい。

 これ引き出さないと付加価値の相場であるGDPは上がらない。それが行われていない、まだ不十分である、そのように思っております。地方創生というのはそういう文脈から語られるべきものだと思います。

 政治は結果責任なのであって、森友・加計、桜、どの世論調査を見ても納得したという人が非常に少ない。政治は結果責任だと言うからには、納得したという人が増えなければ、これは責任を果たしたことにならない。政治は結果責任なのだからね。そこにおいて自由民主党が作る政府というのは政策条件作りにあたって、全ての人に公平でなければならない。それは自民党が綱領において定めることであって、それを実現しなければいけない。要するにえこひいきがあったらいかんということです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ