総裁選共同記者会見詳報(7)石破氏「私はかつて手が挙がらなくなるまで質問は受け付けた」

 --首相となった場合の記者会見はどのように行うべきだと考えるか。定例化したり、かつての首相ぶら下がりのようなものを再開したり、発信や説明責任を充実させる考えはあるか。安倍政権の国会対応をどう評価し、国会出席の要求にどう応えるか。また自身が政権に反対する声にどのように向き合う気か

 石破氏「私はかつて防衛庁長官、防衛相、農林水産相、地方創生担当相、幹事長、政調会長等々務めておりましたときに、手が挙がらなくなるまで質問は受け付けました。それはそういうものだと思っています。つまり、メディアは国民を代表して聞いているのであって国民が聞いていることには、可能な限り答えなければいけない。それが政治の義務だと思っています。

 そして、政治は結果責任ですから、納得したね、わかったね、という方が5割を超えていかなければ、それはならないと思っています。わかっていただけないとすれば、それはメディアの責任でも何でもない、それはこちらの責任です。

 総理会見というのは内閣記者会はどのようにお考えになるかということでありますが、そこにおいてできるだけ多くのメディアのご質問にはお答えをしたいというふうに考えております。

 国会対応についてでありますが、それは質問する野党議員の後ろには、それぞれ10何万人の支持者がいるのです。私は若い頃、国会対策委員に属していましたが、野党に対決法案や予算案で賛成してもらうことは無理でも納得はしてもらえ、いうふうに厳しく指導を受けました。そういうものだと思っています。頼むからわかってくださいという姿勢を持たねばならない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ