石破氏が地方行脚開始 「1人1人に居場所のある日本を」

 安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を決める総裁選(14日投開票)に出馬した石破茂元幹事長は9日午前、地方遊説を開始した。埼玉県ふじみ野市を訪れ、幼稚園のホールで約30人の支援者に「1人1人に居場所のある日本を作ることが私の使命だ。私なんていなくてもいいという社会を作ってはいけない」と語り、支持を呼びかけた。

 園児たちがサプライズで歌を披露すると石破氏は手拍子を打って盛り上げていた。記念撮影にも笑顔で応じ、自身の「怖い顔」を念頭に「泣いちゃだめだよ」と語りかけたが、泣き出す子供はいなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ