尖閣の中国漁船衝突 事件発生時幹事長の枝野氏「知っていることない」

 立憲民主、国民民主両党などで結成する合流新党の代表選で初代代表に選出された立民の枝野幸男代表は10日の記者会見で、平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件をめぐり、当時の菅(かん)直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと前原誠司元外相が証言したことに関し「直接知っていることはない」と述べた。

 枝野氏は事件発生当時、与党だった旧民主党の幹事長を務めていた。

 枝野氏は記者会見で、閣僚の守秘義務に触れ「当時、重要な問題だという認識はあったが(政府側に詳細を)尋ねなかった」と説明。関連する公文書の公開に関しては「当時の公文書は今の政府が管理している。要求があれば今の政府が判断して公開すると思う」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ