「働く内閣」「ゼロから総理に」 菅氏、声張り上げる

 ■「いち早く一致」 午後1時からの菅氏決起集会で二階派幹部

 新総裁を決める両院議員総会は東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた。

 開会直前の午後1時、同じホテルで菅の決起集会が開かれた。菅はいつになく高揚した様子で声を張り上げた。

 「役所の縦割り、既得権益、あしき前例主義、これをぶち壊して規制改革を進め、国民のために働く内閣を作らせていただきたい」

 「ゼロからのスタートでも日本で総理大臣になれることを実証したい」

 見慣れた朴訥(ぼくとつ)とした官房長官としての姿とは全く異なるように見えた。

 党内7派のうち5派の領袖(りょうしゅう)クラスが順番に登壇した。冗談も飛び出すなど勝利集会のような明るいムードに。菅擁立を主導した党幹事長の二階俊博率いる二階派(志帥会)会長代行の元官房長官、河村建夫はこうスピーチし、立役者ぶりをアピールした。

 「この難局を乗り切る人は誰か。この人をおいてほかにない。われわれ志帥会47名は“いち早く”意見が一致した」

 参加した他派の議員は「言わなくてもいいことを…。人事(ポスト争い)だな」とつぶやいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ