菅「仕事人内閣」始動 「改革の切り込み隊長」に河野行革相、「選挙の顔」は進次郎環境相

 「仕事人内閣」が始動-。16日に発足した菅義偉内閣の閣僚20人の顔ぶれは、安倍晋三前内閣からの再任や入閣経験者が多く、路線継承の色が濃くなった。自民党の全ての派閥にポストを割り振った派閥均衡型で、自身の側近も登用。安定と能力重視の布陣といえそうだ。特に菅首相と同じ神奈川県内選出の河野太郎行革相は「改革の切り込み隊長」、小泉進次郎環境相は「選挙の顔」としての役割が求められる。

 菅首相が目指す「仕事人」の内閣が動き出した。「国民のために働く内閣をつくっていきたい」と語ったが、前内閣から再任が8人、横滑りが3人。過去の安倍政権で入閣経験者も4人いる。安倍カラーの継承を打ち出した。

 中でも、河野行革相は「縦割り行政の打破」を担う切り込み隊長だ。菅首相から規制改革の一環として「縦割り110番」の設置検討を指示された。2015年にも行政改革担当大臣を務め、その後に外相、防衛相を歴任。堪能な英語を生かして諸国とわたり合った。行革担当はSNSで公私の情報を積極的に発信する「突破力」がものを言いそうだ。

 この日、新閣僚の呼び込みで首相官邸に入る際には、かつて代表取締役を務めたJリーグ湘南ベルマーレのマスクを着用。ツイッターで「宮中は白、無地のマスクと指定されているので、ベルマーレマスクはここでおしまい」。さらには認証式直前にも、宮中からツイートした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ