野党、ジャパンライフ問題追及 元会長招待の「桜」再調査も要求

 「ジャパンライフ」元会長らの逮捕を受け、野党は18日、政府への批判を強めた。元会長は安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされ、これまで野党は元会長が安倍氏の推薦枠で招待された疑惑などを追及していた。このため政府の責任を改めて指摘するとともに、再調査するよう要求した。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は18日、国会内で記者団に「『桜を見る会』の招待状が2千億円の詐欺を生むきっかけになったことを考えれば、政府の責任は非常に大きい」と主張した。さらに、当時、官房長官を務めていた菅義偉(すが・よしひで)首相に対し「事件になった以上、誰が招待し、どう使われたのか。『政界ルート』の再調査をお願いしたい」と求めた。

 報道各社の世論調査で菅政権が高い支持率を維持する中、野党はここぞとばかりに攻勢をかけている。

 元会長逮捕を受け、立民などは「桜を見る会」の問題を追及するヒアリングを急遽(きゅうきょ)開催し、消費者庁や法務省の担当者らから説明を聞いた。出席議員からは「臭いものに蓋をしてそれで終わりなんてありえない」などの声が上がったほか、加藤勝信官房長官がジャパンライフの広告塔になっていたとして責任を問う意見も出た。

 共産党の田村智子政策委員長も記者会見で「招待状が最大限利用され、(ジャパンライフの)荒稼ぎを許したことは非常に重い。菅首相は安倍政権の『負の遺産』も含めて国会の場で説明すべきだ」と主張した。(豊田真由美)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ