JR東海、東海道新幹線が頼みの綱 JR東はコスト削減1560億円

 28日までに今年度の最終赤字見通しと来年度の黒字化という同じ方針を表明したJR東海とJR東日本。しかし、黒字化に向けた具体的な方針は、東海道新幹線という収益の太い幹を持つJR東海と持たないJR東という収益構造の違いから大きく異なっている。

 「観光地は沿線に色々あるし、対面で議論するビジネス需要も変わらない」

 JR東海の丹羽俊介常務は28日の記者会見でこう述べ、来年度の東海道新幹線の乗客は、観光とビジネス客ともに順調に回復するとの見通しを示した。

 丹羽氏は12月で40%、来年3月で60%、6月で80%(いずれも平成30年度比)との具体的な乗客回復の見通しも示しており、「乗客は80%で打ち止めではなく、その後も回復するとみている」と述べた。

 JR東海が前向きな乗客回復見通しを示せるのは、東海道新幹線が日本の東西を結ぶ大動脈であり、かつ政府がコロナの感染防止と経済回復の両立を図る方針を示していることも背景にあるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ