次期戦闘機開発で三菱重工と正式契約 防衛省

 岸信夫防衛相は30日の記者会見で、航空自衛隊の次期主力戦闘機の開発主体として三菱重工業と同日、正式に契約したと発表した。次期戦闘機は現在の主力戦闘機F2の後継で、岸氏は「F2の退役が始まる令和17年ごろまでに初号機を配備できるよう、次期戦闘機の開発を積極的に進めていきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ