小池都知事に“求婚”する人も…千葉県知事選の政見放送に現れた強烈キャラたちにネット民騒然

 3期目の現職森田健作知事(71)の任期満了に伴う千葉県知事選(21日投開票)の政見放送が9日夜から始まり、一部の新人立候補者たちがカメラの前で強烈なキャラを披露。“放送事故”スレスレの内容を受けてツイッタートレンドに関連ワードが並ぶ事態となり、ネット民から驚きの声が殺到している。

 過去最多の計8人が立候補した今回の選挙。9日にNHK総合テレビで放送された初回の政見放送では、4人の立候補者が熱弁をふるった。

 一番手として登場したのは「千葉県全体を夢と魔法の国にする党」代表の河合悠祐氏(40)。冒頭で京都大卒のユーチューバーとして紹介されると、白塗り顔で現れ、「千葉県全体をディズニーランドにする。九十九里浜もディズニーシーにしたい。そして、成田空港をディズニースカイにする」などとアピール。新型コロナの影響で大きく悪化した千葉県の経済を立て直すために「税収をアップするという視点を持たないとダメ。どんどん人を集めるために、千葉県をもっと楽しいところにしたい」などと独自の政策を発信した。

 ほかにも「県内の電車の発車メロディーもすべてディズニーの歌にする。朝の通勤時間帯は士気を上げてもらいたいので『パイレーツ・オブ・カリビアン』の歌を、冬は『アナ雪』の歌にする」「幕張メッセの近くにある『海浜幕張駅』と『幕張駅』は分かりにくい。『幕張駅』は『幕張メッセここじゃないよ駅』にする。これは早急に着手する」などと主張した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ