「国民理解へ取り組む」 2選挙告示で加藤長官

 加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、同日告示された参院長野選挙区補欠選挙と参院広島選挙区再選挙について「菅義偉政権発足後、初めての国政選挙だ。政権の取り組みに国民の理解を得られるよう与党とも連携したい」と述べた。

 新型コロナウイルスや経済対応、デジタルやグリーン推進、孤独・孤立対策などへの評価が問われると指摘した。

 再選挙の原因となった広島選挙区での公選法違反事件をめぐっては「政治不信を招いたとの批判は重く受け止める必要がある。何よりも大事なのは国民の信頼だということを意識し、さまざまな課題に取り組む」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ