医療改革法案審議入り 75歳以上に2割負担導入

 75歳以上の医療費窓口負担について、一定以上の収入がある人を対象に1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法案は8日午後、衆院本会議で審議入りした。菅義偉(すが・よしひで)首相は「全ての世代が安心できる社会保障制度の構築は待ったなしの課題。能力に応じた負担をしていただくことが必要だ」と意義を強調した。政府、与党は今国会での成立を目指す。

 田村憲久厚生労働相が法案の趣旨を説明。法案に反対する立憲民主党が提出した対案も並行して審議する。

 75歳以上の人の医療費窓口負担は現在、原則1割。現役並みの収入がある人は3割を負担している。法案は、単身だと年金を含む年収200万円以上、夫婦世帯では合計年収320万円以上を対象に2割負担を新設する。約370万人が当てはまる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ