通常国会でも質問時間配分を見直し 自民・森山裕国対委員長

自民党の森山裕・国会対策委員長

自民党の森山裕・国会対策委員長

 自民党の森山裕国対委員長は13日、鹿児島県霧島市で講演し、衆院の各委員会での質問時間をめぐり、22日召集の通常国会でも与野党の配分を見直し、与党分を拡大する考えを示した。森山氏は「国民が判断を間違えないよう、一方的に(野党の)話だけを聞かせる国会であってはならない」と述べた。近年、配分は「与党2割対野党8割」が慣例となっていたが、昨年11~12月の特別国会の予算委員会で「3・6割対6・4割」に見直した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ