衆院予算委 尖閣諸島購入額の決定過程「経緯が不透明だ」「価格ありきだ」 日本維新の会が政府を追及

衆院予算委員会で質問する日本維新の会の遠藤敬国対委員長=13日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

衆院予算委員会で質問する日本維新の会の遠藤敬国対委員長=13日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長は13日の衆院予算委員会で、平成24年9月に当時の民主党の野田佳彦政権が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化した際に地権者と合意した売買価格20億5000万円の決定過程は「不透明だ」として、国土交通省に説明を求めた。予算委では連日、野党が「森友学園問題」をめぐって、財務省が国有地を学園に払い下げた経緯が不透明だなどとして政府を追及している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ