攻防・終盤国会 立憲民主vs国民民主の路線対立、「参院」でさらに表面化

加計学園「首相案件」問題野党合同ヒアリングで関係省庁の職員(手前)から聞き取りを行う野党議員=22日午前、国会内(春名中撮影)

加計学園「首相案件」問題野党合同ヒアリングで関係省庁の職員(手前)から聞き取りを行う野党議員=22日午前、国会内(春名中撮影)

 空転が続く国会が週明けに正常化する見通しとなった。与野党は22日、参院での安倍晋三首相入りの審議を25日から3日連続で実施することで折り合った。論戦の主戦場が参院に移り、衆参それぞれの野党第1会派である立憲民主、国民民主両党の路線の違いも浮き彫りになっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ