北朝鮮問題、トランプ政権の外交努力後押し姿勢鮮明に 中国には断固たるメッセージ 日米防衛相会談

日米防衛相会談を終え、共同記者会見で握手するマティス米国防長官(左)と小野寺防衛相=29日午前、防衛省(代表撮影)

日米防衛相会談を終え、共同記者会見で握手するマティス米国防長官(左)と小野寺防衛相=29日午前、防衛省(代表撮影)

 29日の日米防衛相会談は、北朝鮮の核・ミサイルの完全廃棄に向けたトランプ政権の外交努力を日米防衛当局が後押しする姿勢を鮮明にした。米朝対話が前向きに続く間は刺激的な行動は避け、金正恩朝鮮労働党委員長の非核化に向けた「具体的行動」を引き出したいためだ。その一方で、東シナ海や南シナ海での海洋進出を強める中国に対しては、力による現状変更は認めないとの強いメッセージを出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ