西日本豪雨 安倍首相「プッシュ型支援」強化を指示 11日に岡山県を視察へ

次の写真へ
平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=10日午前、首相官邸(春名中撮影)

平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=10日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は10日、首相官邸で開いた西日本豪雨に関する「非常災害対策本部会議」で、被災支援のために平成30年度予算の予備費を活用して、被災地からの要請を待たずに食料やエアコン、仮設トイレなどの物資を送る「プッシュ型支援」を強化するよう指示した。予備費は約20億円規模になる見通し。首相は11日の岡山県を皮切りに順次、被災地を視察する。政府は災害復旧作業を支援するため、近く開かれる閣議で西日本豪雨を激甚災害に指定する方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ