西日本豪雨 即応予備自衛官を招集 政府、300人規模で

小野寺五典防衛相(藤沢志穂子撮影)

小野寺五典防衛相(藤沢志穂子撮影)

 政府は11日の持ち回り閣議で、西日本豪雨の被害拡大を受け、自衛隊OBで構成する「即応予備自衛官」を招集する方針を決めた。小野寺五典防衛相が防衛省で記者団に明らかにした。招集は東日本大震災、熊本地震に次いで3回目。約300人規模で、12日以降、広島県を中心に被災者の生活支援活動に従事する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ