西日本豪雨 被災者用住宅、約7万戸を確保 宿泊施設800人分も 政府対策本部

次の写真へ
平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(左列手前)=12日午前、首相官邸(春名中撮影)

平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(左列手前)=12日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は12日午前、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、被災地を中心に公営住宅など1万7千戸、民間賃貸住宅5万4千戸を確保したことを明らかにした。順次、入居募集が始まる。ホテルなど800人分の宿泊施設も押さえたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ