菅官房長官「日韓双方のデータ提示が不可欠」 レーダー照射問題

会見に臨む菅義偉官房長官=15日午後、首相官邸(春名中撮影)

会見に臨む菅義偉官房長官=15日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題をめぐり、韓国国防省がレーダーのシステム情報に関する日本側の要求を「非常に無礼だ」と批判したことについて「客観的、中立的な事実確認を進める上で双方が必要なデータを示すことは不可欠だ」との認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ