防衛省、新証拠の「音」公開へ 韓国のレーダー照射で

防衛省が公開した、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦による火器管制レーダー照射の映像。能登半島沖(日本EEZ内)で海上自衛隊P-1哨戒機により撮影された=2018年12月20日、能登半島沖(防衛省提供)

防衛省が公開した、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦による火器管制レーダー照射の映像。能登半島沖(日本EEZ内)で海上自衛隊P-1哨戒機により撮影された=2018年12月20日、能登半島沖(防衛省提供)

 防衛省は、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、哨戒機内で記録した電波信号の音をレーダー照射の証拠として週明けにも公開する方針を固めた。同時に、韓国のレーダー照射をめぐる“虚偽発信”への反論声明文も発表する。国際社会に日本の哨戒活動の正当性を訴える狙いがある。政府関係者が19日、明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ