安倍首相、イラン大統領と会談、米との緊張緩和求める

前の写真へ
次の写真へ
歓迎式典に臨む安倍首相。左はイランのロウハニ大統領=12日、テヘラン(共同)

歓迎式典に臨む安倍首相。左はイランのロウハニ大統領=12日、テヘラン(共同)

 【テヘラン=沢田大典】安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。首相は会談後の共同記者発表で、米国とイランによる軍事的緊張が高まっていることを踏まえ「偶発的衝突が起こることのないようイランが建設的な役割を果たすことが不可欠だ」と求める一方、「緊張緩和に向けて日本としてできる限りの役割を果たしたい」と述べた。ロウハニ師は「われわれは米国との戦争を望んでいない。しかし、戦争が始まれば徹底して対抗する」と述べ、米政府を牽制(けんせい)した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ