立憲民主党の“対韓温度” 半導体輸出管理厳格化を批判

次の写真へ
政府による韓国向け輸出管理強化を批判した立憲民主党の福山哲郎幹事長(春名中撮影)

政府による韓国向け輸出管理強化を批判した立憲民主党の福山哲郎幹事長(春名中撮影)

【野党ウオッチ】 21日に投開票された参院選は改選過半数を獲得した与党の勝利で幕を閉じた。選挙戦で、外交はあまり話題にならなかったが、対韓政策をめぐる姿勢では与野党の違いがくっきり浮き上がっていた。特に、立憲民主党は、韓国への半導体材料の輸出管理厳格化を厳しく批判し、党の“対韓温度”を内外に知らしめることにもなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ