公明、首相との距離感苦慮 軽減税率強調も憲法触れず

参院本会議で質問する公明党・山口那津男代表。左奥は安倍晋三首相=9日午前、国会(春名中撮影)

参院本会議で質問する公明党・山口那津男代表。左奥は安倍晋三首相=9日午前、国会(春名中撮影)

 公明党が安倍晋三首相(自民党総裁)との距離感に苦慮している。9日の参院本会議で行われた代表質問で、公明党の山口那津男代表は消費税増税に伴い導入された軽減税率の定着に向け、首相に支援を要請した。党の看板政策だけに消費者への浸透を図るのに躍起だ。一方で自民党が前向きな憲法改正については沈黙を貫いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ