ゴーン被告逃亡事件で共産・志位委員長が発言撤回、いったい何が

「党旗びらき」であいさつする共産党の志位和夫委員長(中央)=1月4日、東京・代々木(内藤慎二撮影)

「党旗びらき」であいさつする共産党の志位和夫委員長(中央)=1月4日、東京・代々木(内藤慎二撮影)

【野党ウオッチ】 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件をめぐり、共産党の志位和夫委員長が発言の撤回に追い込まれた。記者会見で保釈を「甘い対応」と突き放したことに対し、多くの批判にさらされたためだ。質疑応答を報じた党機関紙「しんぶん赤旗」も記事の削除を余儀なくされ、共産党にとっては踏んだり蹴ったりの数日間となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ