新型肺炎「パニックにならずインフルと同じ予防が効果的」 防衛医科大・加來浩器教授に聞く

関西空港に到着した中国から来た観光客。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生した影響で、マスクを着けた人の姿が目立つ=25日午後2時54分(沢野貴信撮影)

関西空港に到着した中国から来た観光客。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生した影響で、マスクを着けた人の姿が目立つ=25日午後2時54分(沢野貴信撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、日本国内でも感染拡大への懸念が広がっている。海外からの感染症に詳しい防衛医科大防衛医学研究センターの加來浩器(かく・こうき)教授(広域感染症疫学・制御研究部門)は、「パニックにならず、手洗いやマスクをするなどの予防が効果的だ」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ