公明・山口代表、早期国会を再否定 「優先課題はコロナ防止」

会見で記者団の質問に答える公明党・山口那津男代表=7月28日午前、国会内(春名中撮影)

会見で記者団の質問に答える公明党・山口那津男代表=7月28日午前、国会内(春名中撮影)

 公明党の山口那津男代表は1日、訪問先の北海道岩見沢市で記者会見し、野党4党が憲法53条に基づき要求した臨時国会の召集について、早期の対応に否定的な見解を重ねて表明した。行政の優先課題は新型コロナウイルス感染拡大防止や経済の回復だとして「国会議論の必要性と、行政の負担を併せて検討するべきだ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ