自民党総裁選、どうする「沖縄問題」対応 菅氏は工作活動に危機感を 岸田氏は理解と意欲に疑問 石破氏は信頼に値しない 仲村覚氏緊急寄稿

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)

 自民党総裁選(8日告示、14日投開票)は、菅義偉官房長官(71)と、岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)による三つどもえの戦いとなった。新型コロナウイルス対策や経済政策、外交政策などが問われているが、わが国の安全保障に直結する「沖縄問題」への対応も重要だ。ジャーナリストで、日本沖縄政策研究フォーラム理事長の仲村覚氏が緊急寄稿した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ