拉致問題兼任の加藤官房長官、解決に意欲 「安倍政権と何ら変わりない」

会見する加藤勝信官房長官=16日午後、首相官邸(萩原悠久人撮影)

会見する加藤勝信官房長官=16日午後、首相官邸(萩原悠久人撮影)

 加藤勝信官房長官兼拉致問題担当相は16日夜の記者会見で、北朝鮮による日本人拉致被害者問題に関し「日朝平壌宣言に基づき拉致・核・ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指す考えは、安倍晋三政権から菅義偉(すが・よしひで)政権に至って何ら変わりはない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ