接種1回案浮上 世界的ワクチン不足 安定供給に懸念

河野太郎行政改革担当相、ワクチン接種担当相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

河野太郎行政改革担当相、ワクチン接種担当相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、まずは幅広い国民に1回接種させることを優先する方針に変更する案が政府内で浮上している。現状は2回の接種が原則だが、世界的なワクチン不足で国内への供給量が不透明なことに加え、1回の接種で一定の効果があるとする研究成果も出てきたからだ。ただ、厚生労働省には「現時点では十分なデータもなく、非科学的」と慎重な意見も強い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ