2018年春、田園都市線に新型車両「2020系」を導入します

東急電鉄
更なる快適性と安全性を追求し、沿線の街や駅と調和した車両を目指します

 当社は2018年春、田園都市線に新型車両「2020系」(以下、本車両)を導入します。本車両は、2020年の東京オリンピック、さらに2022年の当社創業100周年に向けて、田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名し、導入するものです。2018年春に30両(10両×3編成)、以降も順次導入を予定しています。

 車内には、空気清浄機を当社として初めて設置し、座席はハイバック仕様を採用することによって車内の快適性向上を図ります。また、デジタルサイネージをドア上と連結部、さらに座席上には3連で配置し、多言語案内の充実化を図るとともに、ニュースや天気予報など充実した情報サービスを提供します。安全面では、車両機器を常に監視できる大容量情報管理装置を採用することで、車両故障の未然防止を図り、運行のさらなる安定化を実現するほか、防犯カメラを設置し、車内のセキュリティを向上させます。さらに環境面では、騒音や使用電力を低減することで、沿線環境に優しい車両を目指します。
 本車両は、当社が展開する沿線の商業施設などのデザインを手掛ける株式会社丹青社がデザインを監修し、沿線の駅や街との親和性を高めます。沿線のお客さまに親しみと、これまでにない新しさを感じていただくことを目指し、エクステリアは、コンセプトカラー「INCUBATION WHITE」(美しい時代へ孵化していく色)を使用し、車両の先頭形状はまるみを帯びたやわからみのある顔をイメージしています。さらに、インテリアは、沿線の風景をイメージした座席や照明も含めた室内全体のカラーコーディネートにこだわり、親しみやすさと心地良さを感じていただけるようなデザインとしました。
 田園都市線は、1966年4月の溝の口~長津田間が開通し、本年度で開業50周年を迎えました。開通以来、1979年に地下鉄半蔵門線との相互直通運転開始、2003年の東武伊勢崎線、日光線との相互直通運転開始など鉄道ネットワークの拡充により、利便性の向上を図ってきました。
 当社は、今後もいつでもどこでも安全で安心・快適な移動ができる「いい電車」を実現し、魅力ある沿線を目指します。

 本車両の詳細については、別紙のとおりです。
[画像: https://prtimes.jp/i/10686/155/resize/d10686-155-243875-2.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ