過去最高10万1千人(延べ人数)の来場者を迎え、無事閉幕!ラーメン女子博’17閉幕のご報告

エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社
2017年3月16日~20日 於:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場

[画像1: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-600601-0.jpg ]

2017年3月16日~20日までの5日間、とことん女性に特化した女性のためのラーメンイベント、『ラーメン女子博 '17 -Ramen girls Festival-』(以下『ラーメン女子博』)が、過去最高の延べ約11,000人のお客様にご来場頂き、無事閉幕致しましたことをここにお知らせいたします。

5日間連続、春らしい好天に恵まれ、各店共に大盛況。開場前のチケット売り場前の待機列は最高約2,000人、店舗待機列は最高で120分待ちの列ができるなど、ラーメン好きな来場者たちが大集結しました。予想を大きく上回る来場者が訪れ、最終日はラーメン店だけでなく、スイーツ店舗でも売切れが続出しました。
日本全国から集まった12店舗がラーメン女子博のために用意した販売メニューは、ラーメンもしくはトッピングが全てラーメン女子博オリジナル。『毎回全店入れ替え』というラーメン女子博ならではのこだわりは「毎年来るのが楽しみ」と常連のお客様にも大好評でした。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-256401-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-688946-2.jpg ]

来場したお客様からの熱いご支持を頂いたり、ラーメン女子博に来場したお客様が実際の店舗に訪れて「ラーメン女子博と同じものを食べたい」というお問合わせがあったりした結果、ラーメン女子博オリジナルメニューを定番商品化することを急遽決定した店舗もありました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-890635-3.jpg ]

 スイーツパラダイスとのコラボ企画・ラーメンケーキは、12種類を販売。モンブランで作られた麺・ゼリーで作られたスープなど、ラーメンそっくりながらも、ちゃんと甘くて、ちゃんと美味しいケーキを楽しむ来場者も多く、販売ブースは常に混雑し、開場1時間後に売り切れる商品もありました。ネイルやヘアアレンジが500円から楽しめたビューティーブースでは、日替わりで楽しめる様々なサービスがラインナップ。女子博ならではのエリアにお腹を満たした女子達が集合しました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-857205-4.jpg ]

女子博恒例の『イケ麺』企画では、今年も多くのイケ麺が登場。女子専用エリアでは、コットンやヘアゴムを配布したり、女子の丼を片付けたりなど、ナイトとして大活躍。
[画像6: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-832197-5.jpg ]

本年初の試みとなったHAPPY HOUR企画では、19時~ラストオーダーまで、ラーメン1杯につきドリンクが1杯無料というサービスを実施。夜の〆ラーメンとしてだけでなく、本格的に飲みに行く前の夜の0次会としてラーメン女子博が活用され、新しいラーメン女子博の楽しみ方を提供しました。事後も楽しめます。ラーメンやつけ麺を冷凍でご自宅にお届けする通販サイト『宅麺.com』とのタイアップにて、会場で提供されたラーメンと同じものを冷凍品として販売しておりますので、改めてご自宅でもお楽しみ下さい。(特設サイト:http://www.takumen.com/st/lp/ramengirls-fes/

<開催概要>
■タイトル:ラーメン女子博 ’17 -Ramen girls Festival- (読み:ラーメンシ゛ョシハクニセンシ゛ュウナナラーメンカ゛ールス゛フェスティハ゛ル)
■会期:2017年3月16日(木)~20日(月・祝) 11:00~21:00(L.O 20:30) ※20日のみ20:00終了(L.O 19:30)
■場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 (神奈川県横浜市中区新港1-1)
■費用:入場料無料(男性も可)、ラーメン1杯900円(税込)
■主催:ラーメン女子博実行委員会
■出店店舗: 雅楽×ど・みそのコラボ(神奈川/あざみ野)(東京/京橋他)、久留米ラーメン清陽軒(福岡/久留米他)、セアブラノ神(京都/壬生他)、静岡のラーメン店6店舗からなるチーム静岡(静岡)、つけそば神田勝本(東京/水道橋・神田)、煮干し中華そば一燈(東京/新小岩)、Noodle kitchenミライゑ(東京/赤羽)、博多一幸舎(福岡/福岡他)、麺場voyage(東京/蒲田)、夢を語れ 東京(東京/白山)、らーめん桑嶋(東京/下北沢)、ラーメン風林火山(山形/鶴岡他)
■後援:公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー
■協力:東京急行電鉄株式会社、辺見プロモーション
■協賛:小林製薬株式会社/株式会社サガミ/株式会社シーボン/プレミアムウォーター株式会社
■公式HP: http://www.ramengirls-fes.com
■Instagram:http://instagram.com/ramengirlsfes ■Twitter:@RamengirlsFes
■Facebook:https://www.facebook.com/RamengirlsFestival
■LINE:@ramengirlsfes (アカウント名: ラーメン女子博)
■過去実績: 2015年(第1回)は2日間で29,695人、2016年(第2回)は5日間で約86,000人を動員。

[画像7: https://prtimes.jp/i/23785/5/resize/d23785-5-246097-6.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧