120種類以上の利き酒探検、日本酒テーマパーク「名酒センター」御茶ノ水店オープン!

名酒センター株式会社
~オープンを記念して、新名酒センター体験イベントなどお得なクラウドファンディングを開始~

名酒センター株式会社(本社:東京都港区浜松町2-3-29 磯山第二ビル1F、代表取締役:武舍吾郎)は、2017年7月、浜松町店に加え、秋葉原駅より徒歩7分、御茶ノ水駅より徒歩5分ほどの神田明神並びに「名酒センター御茶ノ水店」をオープンいたします!オープンに伴い、クラウドファンディング「Makuake」にて、お得な利き酒チケットから、蔵元の酒造り裏話を肴に利き酒自由のオープニングイベント招待券、誰よりも先に新名酒センター体験ができる貸し切り権利など、全てオンライン販売のお得にご利用できるオープンキャンペーンを販売開始いたします。

「名酒センター御茶ノ水店」では、着席でゆっくりと試飲が楽しめるスペースの提供、食とのマリアージュ・日本酒の多様な飲み方の提案等、様々なアプローチを通して日本酒文化を幅広い層へ発信します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-245803-0.jpg ]

「名酒センター御茶ノ水店」オープンに伴い、クラウドファンディング「Makuake」にて、すべてオンライン限定販売のお得なオープンキャンペーンを開始いたします。この機会に是非、ご利用ください。

プロジェクトURL→https://www.makuake.com/project/meishu01/
プロジェクト期間→2017年5月18日18:00~2017年7月28日

[画像2: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-498781-6.jpg ]

御茶ノ水新店舗オープンに向けて
この度、御茶ノ水店チーフを担当します武舍と申します。私は、両親ともに日本酒業界に携わる家庭に生まれました。生まれた時から私の日常には、いつも一升瓶がそばにありました。大人が日本酒を飲むことは、ご飯を食べることと同じぐらいに、当たり前のことだと思っていました。しかし、そうではありませんでした。
「ふるくさい」「のんべえが酔っぱらうために飲む酒」「一升瓶てなに?」「日本酒飲むんだ。すごいね!」
大人になるとそんな言葉が、聞こえてきました。私が当たり前と思っていた環境は、特別な環境だったようです。
日本酒は、世界に誇れる国酒です。造りにかける手間と時間と人の叡知といった総合的な観点からとらえると、日本酒は他の酒類を圧倒しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-369596-11.jpg ]

また日本酒は世界中のどんな料理にも、包み込むようにしっとりと寄り添う、懐の深い味わいも持ち合わせています。夕飯に寄り添う美味しい一杯、お祝い事で乾杯して飲む嬉しい一杯、故人を偲んで飲むありがとうの一杯。日本酒は、何百年も前から、日本人の食文化に寄り添い、人生の様々なシーンに寄り添ってきました。そんな日本酒を、どうして日本人はもっと誇りとしないのでしょう。日本酒がもっとあたりまえに日常にあって欲しい。それを伝える環境に生まれたことは、大げさですが、自分の使命なのかもしれないと思うようになり、先代が掲げた使命を継承していく覚悟を決めました。今、浜松町店は兄が運営し、日本の方のみならず、世界各国の方々が訪れるようになりました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-201805-15.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-661888-16.jpg ]

それに加え、御茶ノ水店では、まだ日本酒のことをよく知らない、あまり良いイメージを持っていない、私と同世代の若い方にもアピールしていきたいと考えております。名酒センターが日本酒の美味に出会うきっかけの場となるよう、日本酒需要の更なる拡大に尽力してまいります。

名酒センター株式会社取締役・御茶ノ水店チーフ 武舍由莉
[画像6: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-606668-1.jpg ]

「名酒センター」(日本酒PRセンター)は全国41蔵の酒蔵の協同アンテナショップで、各酒蔵の情報を発信しています。
公式HP:http://nihonshu.com/
Facebook:https://www.facebook.com/MeishuCenter

・全国各地41蔵の日本酒を取り揃えております。
言わずと知れた名酒の金字塔から、広く知られていないことがもったい無い程に美味しい隠れ名酒がありますが、それぞれに酒蔵の個性が酒に反映されています。私達は、ひとつひとつの酒を大切に、蔵元の個性をさまざまな角度で皆様に伝えていきます。
・120種類以上のラインナップから、ご自由に選んでいただき、飲み比べ。気に入ったお酒はご購入もできます
いくつもの種類を同時に少しずつ飲み比べると、自分の好みが鮮明になっていきます。より高みを目指して日本酒探検へ。日本酒tripの一助に、名酒センターをご利用ください。
[画像7: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-407293-2.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-434291-4.jpg ]

名酒センターの創設者は、酒蔵は日本文化の宝であると、人生を日本酒の世界へ捧げてきました。彼の意志を受け継ぎ、20代の若い力で新たな名酒センターを形作っていきます。
新しい文化と歴史の薫る街、御茶ノ水にて、様々なアプローチを通して日本酒文化を幅広い層へ発信します。
[画像9: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-575436-13.jpg ]

試飲するお酒を自由に選んで、ご購入もできる、というシステムは浜松町店と同じですが、御茶ノ水店にはこんなバージョンアップがあります。
[画像10: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-688295-5.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-599437-14.jpg ]

日本酒飲むとどうなる?
◆キレイになる
ー他の酒類に比べて、飲んだ後に体温が最も上昇するという実験結果が出ています。体温の上昇によって新陳代謝がよくなり、お酒を飲むことによって、内側からキレイになっていきます。
◆五感が研ぎ澄まされる
ー味覚・嗅覚・視覚・聴覚・触覚
日本酒は五感のすべてに訴えます。
◆料理が楽しくなる
ー日本酒は、世界各国どんな料理にも寄り添ってくれる強さと優しさを持っています。また、料理酒として使うことで、料理に旨みが加わります。
◆日常が豊かになる
ーひとつのお酒で、色々なアレンジが楽しめる(温度・経年変化・日本酒カクテルなど)

名酒センター浜松町店
住所:105-0013 東京都港区浜松町2-3-29 磯山第二ビル1F
月曜日~金曜日 12:00~22:00(21:30 LO)
土曜日、日曜日 13:00~20:00(19:30 LO)
定休日:祝日
TEL:03-5405-4441
FAX:03-5405-4442
E-mail:meishu@nihonshu.com

名酒センター御茶ノ水店
住所:113-0034 東京都文京区湯島1-2-12ライオンズプラザ
御茶ノ水1F
火曜日~土曜日 11:00~22:00(21:30 LO)
日曜日 11:00~19:00(18:30 LO)
定休日:月曜日
※変更となる場合がございます。
E-mail:meishu2@nihonshu.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧