江戸の風景と人々を綿密に描いた<江戸絵本>の決定版!

株式会社講談社
[画像1: https://prtimes.jp/i/1719/1331/resize/d1719-1331-517988-4.jpg ]

江戸の風景が正確に描かれているのはもちろん、人間の表情やしぐさがひとりひとり、表情豊かにいきいきと描かれているので、眺めているだけでも楽しく、江戸のまちを訪ねたような気分になれます。
案内役は、昔から東京にすみついていてまちの移り変わりを見てきたという設定の「妖怪小僧」というキャラクター。その妖怪小僧や、他の「隠れキャラ」たちが必ず場面のどこか隠れているという仕掛けもあり、「さがしもの」絵本としても楽しめます。
江戸の暮らしについての造詣が深い絵本作家の太田大輔氏が、その知識と表現力を結集した、渾身の絵本。小さなお子さんが眺めるだけで楽しめる一方、江戸に関心のある大人読者の期待にも応えられる内容です。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061333185
発売日:2017年5月17日
定価:本体1600円(税別)
B12取判 36ページ
ISBN:978-4-06-133318-5
第六事業局 児童図書編集チーム

<本書のみどころ>
★江戸の風景と人々が表情豊かにびっしりと描きこまれているので、見ているだけで楽しい!
★「妖怪小僧」などの隠れキャラが場面のどこかに必ずいるので、「さがし絵」も楽しめる!
★江戸の知識と愛情において右に出る者のいない絵本作家・太田大輔さんの描き下ろし。正しい知識にもとづいていて、江戸好きの大人も楽しめる!

[画像2: https://prtimes.jp/i/1719/1331/resize/d1719-1331-380535-5.jpg ]

品川宿と御殿山
江戸の人たちはお花見が大好き。この御殿山は、いまでも花見の名所のひとつだね。

[画像3: https://prtimes.jp/i/1719/1331/resize/d1719-1331-479152-3.jpg ]

火事と火消し
おっと、大変! 江戸のまちではこんな火事がしょっちゅう起きたんだ。

[画像4: https://prtimes.jp/i/1719/1331/resize/d1719-1331-315048-2.jpg ]

日本橋と魚河岸
ここは江戸の中心、日本橋だ。江戸の人々がたべる魚が船ではこばれてくるね。

[画像5: https://prtimes.jp/i/1719/1331/resize/d1719-1331-744171-0.jpg ]

両国の花火
両国橋は、花火見物で大にぎわい。いまでも人気の隅田川花火、続くといいねえ。た~ま~や~!

◇そのほかの登場場面
隅田川と両国橋
長屋の正月
江戸の大通り
高輪の月見
江戸湊と弁財船
堀のまち
雪景色
浅草の芸人

[画像6: https://prtimes.jp/i/1719/1331/resize/d1719-1331-572805-1.jpg ]

■著者プロフィール
太田大輔(おおただいすけ)
1953 年生まれ。絵本『カラクリ江戸あんない』(福音館書店)、『ぼくのいまいるところ』(かこさとし著、童心社)、児童文学『江戸の象吉』(講談社)などの作品がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧