夏休みに“本物”を体験してみませんか?「こども狂言ワークショップ」参加者募集!【横浜能楽堂】

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団
横浜能楽堂では、夏休み期間中に「こども狂言ワークショップ~入門編~」を開催します。
一流の講師の指導で、短期間に本格的な狂言を体験できる絶好の機会です。
学校の教室では体験できない“本物”を学んでみませんか?

[画像1: https://prtimes.jp/i/14302/235/resize/d14302-235-850416-0.jpg ]

■公演鑑賞と実技指導がセットに

夏休みに横浜能楽堂で開催される「こども狂言ワークショップ~入門編~」。
まずはじめに、8月5日にこどもたちのための公演「人間国宝・山本東次郎先生の狂言の時間」を鑑賞します。公演は、狂言の名門・山本東次郎家による〈附子〉と〈首引〉を解説付きでお送りします。

その後、8月7日から3日間、実技の体験をします。講師は、旭日双光章などを受章している山本東次郎家の山本則俊さん。1日目・2日目は「足の運び」「扇の使い方」など狂言の基礎から始め、狂言小舞「盃」を稽古します。3日目は国語の教科書にも掲載されているの「柿山伏」の一部を演じてみます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/14302/235/resize/d14302-235-740843-1.jpg ]

■「入門編」を修了すると次のステップへ

「入門編」修了後、希望する方は、来年の春に開催される「こども狂言ワークショップ~卒業編~」(有料)で10回にわたる本格的な稽古を受けることができます。

「卒業編」を受講されると、発表会「横浜こども狂言会」にご参加いただけます。ここでは狂言を一曲演じるというより本格的な内容に。

[画像3: https://prtimes.jp/i/14302/235/resize/d14302-235-632790-2.jpg ]

■礼儀作法も自然と身に付く

このワークショップを通して、狂言に触れる、伝統芸能を知る、といった事はもちろん、礼儀作法が自然と身に付くことも特徴です。教えずとも、こどもたちは稽古に来たらまずは正座して挨拶をする。そうしたことが自然と身に付く場になっています。

「こども狂言ワークショップ」は奥深い狂言の世界への入り口。
まずは夏休みの4日間、狂言の世界に浸ってみませんか?

[表: https://prtimes.jp/data/corp/14302/table/235_1.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ