お墓の継承者がいる方の約8割は平面墓地(一般墓地)を求めている

全石協
全国石製品協同組合が「お墓に関するアンケート調査」を実施

石材業界唯一の経済産業省公認団体「全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 太田明)」は、お墓に関するアンケート調査を昨年4月に引き続き2年連続で実施し、得られた回答結果の概要をまとめました。

【アンケート結果サマリー】
・ お墓について相談したい方が希望するお墓の形態は、「平面墓地」が最も多く59.8%と昨年に比べ7.9%増
・ お墓の継承者がいる方が希望するお墓の形態は、「平面墓地」が最も多く81.1%も占め、昨年と比べ13.2%増
・ お墓の継承者がいない方が希望するお墓の形態は、「平面墓地」が最も多いが、昨年に比べ「散骨」希望者が微増

- お墓に関するアンケート調査概要 -
【調査対象】全国 40代以上 男女
【調査期間】2017年4月1日~4月8日
【調査方法】インターネット調査
【有効サンプル数】266名

«調査結果»
■あなたが求めているお墓の形態を教えてください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/15761/16/resize/d15761-16-602020-0.jpg ]

お墓について相談したいことがある方を対象に希望するお墓の形態を調査したところ、平面墓地が1位で59.8%、永代供養墓が2位で22.9%、散骨が3位で7.1%でした。この順位は、昨年2016年4月に同様の内容で調査したアンケート結果と比較すると昨年と同じ結果となりましたが、平面墓地が昨年度比で7.9%増加し、逆に永代供養墓が7.5%減少する結果となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/15761/16/resize/d15761-16-987148-1.jpg ]

継承者がいる場合
お墓について相談したいことがある方の中で、お墓の「継承者がいる」と答えた方の希望するお墓の形態は、
平面墓地が1位で81.1%、永代供養墓が2位で13.5%、「お墓はいらない」と答えた人が2.7%でした。
昨年の結果と比較すると、平面墓地が1位でと昨年同様の結果となりましたがが、昨年同期比で13.2%(昨年
67.9%)増加していることから平面墓地を求める比率が高くなっていると言えます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/15761/16/resize/d15761-16-183423-2.jpg ]

継承者がいない場合
継承者がいない・継承者しない方でも、平面墓地を希望する方の割合が増え、永代供養墓の希望者の割合が減っています。但し、散骨を希望される方が昨年の5.9%に対し10.3%に増加するなど、微増傾向にあります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/15761/16/resize/d15761-16-236867-3.jpg ]

《まとめ》
近年、埋葬に関するニーズが多様化し、樹木葬や永代供養墓が設置される霊園や寺院が増加する中で、一般の消費者の求めるお墓の形態は、それに反比例するかのように平面墓地を求める方が増えていることがアンケート結果から読み取ることができます。全国石製品協同組合では、今後も消費者の声を集め、業界内外に情報を正しく発信して参ります。

◆「全国石製品協同組合」(全石協)とは
全国石製品協同組合(全石協)は、全国47都道府県の石材会社及び同関連会社が結集し強力な組織化と連携のもと石材業界の指導的役割を担うとともに、消費者ニーズへの的確な対応と石材業界の健全な発展を目指す団体です。全国石製品協同組合では、日本人が大切にしてきた供養文化を守るべく、消費者に正確な情報をご提供し、石材業界の健全な発展を目指してまいります。
【商号】全国石製品協同組合(経済産業省認可 2012004情第5号)
【設立】2012年11月22日
【所在地】東京都港区芝大門2丁目9番14号5階
【運営サイト】いいお墓探し!お墓の引越しドットコム
http://www.ohakanohikkoshi.com/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧