魅惑あふれる美しきベラ・ハディッドと唯一無二のセンスが光るテリー・リチャードソンが捉えた70年代のアートタッチがエッジーに輝くブルガリ2017年秋冬アクセサリーコレクション

ブルガリ ジャパン株式会社
催眠にかけるかのように魅了するエナメルの蛇がモチーフのアイコニックな「セルペンティ」と、洗練されたトレンド感が称賛される「ディーヴァ ドリーム」。全体を包み込むような自由奔放なエネルギーと芸術的な流れが、これらの2シーズンのキーコードをダイナミックな方向へと導きます。

ブルガリの2017年秋冬アクセサリーコレクションを才気あふれるファッションポートレイトフォトグラファーのテリー・リチャードソンがレンズに捉えました。大胆そして独特のスタイルでラグジュアリーブランド、一流雑誌やセレブリティたちを魅了する彼は、ますますその評価と名声を高め、今日ではファッション業界の同世代のフォトグラファーで最も崇拝される1人となっています。
[画像: https://prtimes.jp/i/5631/281/resize/d5631-281-163695-0.jpg ]

完璧な相乗効果を生み出しているのが、今最も脚光を浴びているモデルの1人であり、また数百万のフォロワー数を誇るインスタグラムのスターでもあるベラ・ハディットです。多面的な魅力と気質を放ちながら、力みのないジョイン・デ・ビブレ(生きる喜び)、磨き抜かれたタイムレスなエレガンスと粋を見事に融合させている彼女のような女性は稀有な存在です。

リチャードソンの独特の視点が、スターの魅力、ジェムストーンにインスパイアされたあふれる艶やかなカラーを駆け巡り、2つの際立つストーリーを生み出します。「セルペンティ」では、ネクタリンカラーを背景に逆光で撮影し、カラフルなバッグと共にその典型的なシンボルとスターやポルカドットといった新しいシンボルをグラフィカルに組み合わせ、力強いトーンの効果をアピールしています。一方「ディーヴァ ドリーム」ではニュートラルでシームレスなパターンが、サングラスをまといフラッシュを浴びる現代のディーヴァの官能的な魅力を称えています。また、ベラ・ハディッドが美しく見せる大胆にスタッズをあしらったブラックまたはエキゾチックなアイボリーのレザーバッグは、チェーンストラップをほどこしたコンテンポラリーなシェイプが惜しげなくその存在感で魅了します。

ベラ・ハディッドについて
ベラ・ハディッドはモデルとして活躍する姉のジジ・ハディッドに続いて、IMGモデルと契約を結び、2014年からモデルとしてその才能を開花させました。カリフォルニア、ロサンジェルス出身のベラ・ハディッドは、雑誌『V』に掲載されたスティーブン・クレインの撮影による写真で、その名を馳せることになりました。
約1020万人のインスタグラムフォロワー数をもつベラ・ハディッドは、ソーシャルメディアにおいて大きな脚光を浴びています。ベラ・ハディッドは、写真家マート&マーカスが撮影した雑誌『W』及びフランス版『VOGUE(ヴォーグ)』のカバー撮影にはじまり、マリオ・ソレンティ撮影によるバルマンの2015年秋冬コレクションのキャンペーンショットやスティーヴン・マイゼルが撮影したイタリア版『VOGUE(ヴォーグ)』などでの撮影を通して、その存在感を高めていきました。
ベラ・ハディッドを撮りおろしたフォトグラファーの巨匠として、アラスデア・マクレラン、ジャンパオロ・スグーラ、チェマ・ジェステ、マリオ・テスティーノやテリー・リチャードソンなどが名を連ねています。
ベラ・ハディッドは現在、カール・ラガーフェルドがてがける最新のフェンディの広告キャンペーンに、姉のジジ・ハディッドと共にその美しく華麗な姿を披露しています。ベラ・ハディッドは、シャネル、ジバンシィ、ヴェルサーチをはじめ、ミュウミュウ、モスキーノ、マーク・ジェイコブスのショーに登場し、2016年にはヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーでも華々しいビューを果たしました。

テリー・リチャードソンについて
世界的に有名なファッションフォトグラファーのテリー・リチャードソンは、 1965年にニューヨークに生まれ、ロサンゼルスで育ちました。フォトグラファー(ボブ・リチャードソン)の父とスタイリストの母を持つリチャードソンは、ニューヨークに移ってからフォトグラファーとしての自らの才能に気づき、一流雑誌のページに名を連ねるほどの成功を収めました。オフビートなスタイルで魅了し、斬新な写真を生み出し続けているフォトグラファーです。
以来、シスレー、グッチ、ヒューゴ・ボス、イヴ・サンローラン、トム・フォード、ジミー・チュウ、ミュウミュウといった一流ブランドやデザイナーのプロモーション用の撮影を手掛けています。ミランダ・カーからキャンディス・スワンポール、ジゼル・ブンチェン、ケイト・モス、カーラ・デルヴィーニュ、バルバラ・パルヴィンまで有名モデルたちが彼の写真に収まっています。またジェームズ・フランコ、クロエ・セヴィニー、カール・ラガーフェルド、トム・フォード、そしてバラク・オバマまでもが、このクセのあるフォトグラファーにより永遠にその姿を残すことになりました。2010年、リチャードソンはピレリカレンダーを撮影しました。
彼の写真は、GQ、ヴォーグ(Vogue)、ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)、ヴァイス(Vice)、ルイ(Lui)などの雑誌に掲載されています。テリー・リチャードソンの特異性は他と比べて抜きんでたその写真の中に見て取れます。大胆で破壊的でありながら、ファッション概念、彼自身が持つ生のイメージ、さびることのない刺激的なセンス、そしてぎりぎりのユーモアを再構成してファッションイメージを創り上げる天才-これこそ、このカルト的なフォトグラファーであるリチャードソンそのものです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧