世界最大の住宅デザイン・設計のプラットフォームを提供するHouzzが、ウェブ版Sketch(スケッチ)のリリースを発表! ウェブ上で空間写真に家具を擬似配置

ハウズ・ジャパン株式会社
[画像: https://prtimes.jp/i/22143/14/resize/d22143-14-474296-0.jpg ]

世界最大の住まいづくりに関するプラットフォームを提供するHouzz Japan株式会社(https://www.houzz.jp ハウズ・ジャパン、代表取締役:加藤愛子、本社所在地:東京都渋谷区)は、ウェブ上で家づくりを体験できるユニークなサービス、Sketch(スケッチ)の提供を開始いたします。Sketchでは、Houzz上の1,300万枚を超える空間写真やユーザー自身がアップロードした部屋の写真に、寸法やメモなどを書き込むことができます。さらに、Houzz上の家具や建材の写真を配置することもでき、ウェブ上で住まいづくりのシミュレーションを可能にします。たとえば、自宅のリビング写真に購入を検討しているソファを配置し、インテリアとの調和をチェックするなど、Sketchを通じて自由で楽しい住まいづくりの形を提供します。

Houzz Japan株式会社 代表取締役 加藤 愛子のコメント:
「Sketchは、住まいづくりの創造性、そしてアイデアの共有に無限の可能性を与えることができます。ユーザーはこの強力な新サービスを使うことによって、より簡単に住まいづくりのアイデアを具現化したり、より楽しく効率的にリノベーションや住まいをデザインすることが可能となります。」

Sketchでは下記のことが可能となります:

Houzz上の家具や建材の写真を、サイズ・位置を調整しながら空間写真内に配置することができます。さらに、ワンクリックで商品の詳細情報も見ることができます。
空間写真に描画したり、メモを追加することができます。例えば、注目しているインテリアデザインを丸で囲んだり、部屋の寸法を記入したり、新しい窓を設置したい場所に窓の絵を描き込むことが可能です。
150種類あるスタンプを使って、簡単にしるしやメモを空間写真内に配置が可能です。家具を置きたい場所にも、スタンプを選んで簡単に貼ることができます。例えば”ローテーブル”スタンプを選んで配置予定の場所に貼っておけば、インテリアデザインをスムーズに可視化できます。
20種類以上あるスケッチキャンバスを使って、インスピレーションを集めたイメージボードや間取り図も簡単に作成可能です。
作成したスケッチはHouzz上のアイデアブックに保存することができるので、家族や友人、そして住まいづくりの専門家と簡単にシェアできます。 プッシュ通知を有効にすれば、スケッチがシェアされた全員に、瞬時に更新を知らせることができます。また複数人が同時にスケッチを編集することも可能です。

昨年、ウェブ版に先駆けてリリースされたアプリ版のSketchでは、ユーザーによってこれまで150万件以上のスケッチが作成されました。

Sketchは、Houzzアカウント内の「新しいスケッチを作成」ボタンを押すだけでとても簡単にご使用いただけます。

■Houzzとは
「Houzz(ハウズ)」は、より効率的に家づくりを実現させるために必要な情報・サービスをオンライン・ モバイル機器で提供する世界最大のプラットフォームです。部屋の装飾からリフォーム・リノベーシ ョン、新築まで、Houzz を通じ何千万もの住まい手と、住まいに関わる専門家が全国、そして全世界で繋がります。Houzz は、世界最大の住まいづくりのアイデアが集まるデータベースと優れたテクノロジーによってもたらされる活気溢れるコミュニティを通して、住宅デザインや建築に関するアイデアやアドバイスを得たり、お気に入りのインテリア商品や施工を依頼する専門家を見つけたり、思い描いている理 想の住まいを簡単に実現できるツールを提供しています。本社はアメリカ・カリフォルニア州パロアルトです。その他、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ロシア、日本など、世界15カ国で展開しています。 Houzz と Houzz ロゴは全世界で Houzz Inc.の商標として登録されています。
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
https://www.houzz.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧