シルクブランド『Katakura Silk (カタクラシルク)』から『Daily (デイリー)』ラインを発売

片倉工業株式会社
片倉工業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐野公哉、東証一部「3001」)は、今年3月にデビューしたシルクブランド「Katakura Silk」から、何気ない毎日も大切にしたい、心地よい暮らしのためのシルクインナー「Daily(デイリー)」ラインを発売します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-286163-3.jpg ]
Katakura Silk Daily(デイリー)ライン http://www.katakurasilk.jp/collection_top/daily-line/

【Katakura Silk Daily(デイリー)ライン発売】
 素肌に直接触れるものだからこそ、良いものを選びたい。上質素材に包まれる心地よさを日々の暮らしに取り入れたい。そんな想いに寄り添ったデイリーユースなシルクアイテムを揃えました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-596901-1.jpg ]

◆商品特長
1.素肌が触れる部分には、シルク素材を使用
 光沢感、ドレープ性、しなやかさに優れたフィラメントシルク(長繊維)を使用したシルク100%生地、もしくは伸縮性に優れたシルク高混率の生地を使用し、身体を優しく包み込む心地よい生地で、ストレスを軽減した着心地を目指しました。肌への優しさを追求し、アンダーゴムを身生地で包んだり、ブラジャーのカップ裏やホック裏までシルク素材を使用したりと、素肌が触れる部分にもシルク素材を使用しています。
2.シルエットにこだわり、ライフシーンにあわせた選べるバリエーション
 ブラジャーのカップは、バストラインが綺麗にみえるよう工夫を重ね、シームレスタイプのショーツは、アウターにひびきにくいように考慮しました。お家でリラックスしたい時にはゆったり仕様のものや、お出かけの時にはアウターを綺麗に着こなすためのシルエットにこだわったものなど、ライフシーンにあわせて選べるアイテムを取り揃えています。
3.豊富なサイズ展開
 サイズは、M、L、LL、3Lの展開があり、自身の体に合ったものを選ぶことができます。※アイテムにより、サイズ展開は異なります。

◆Daily ライン 商品ラインナップ(全5アイテム)
リラックスシーンに最適。ストレス軽減を目指したゆったりタイプ。
[画像3: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-233924-5.jpg ]

・モールドブラ(M/L 5,800円+税、LL/3L 6,000円+税)
脇の縫製部分は段差が小さいフラットシーマー仕様で、肩紐は幅を広くすることで負担を軽減しました。
・丈長ショーツ(M/L 3,800円+税、LL/3L 4,000円+税)
おへそまですっぽりカバーする丈長タイプのショーツ。ヒップも包み込むゆったり仕様です。
<カラー>ベージュ、ピンク、ブラック(3色展開)

ブラジャーいらずのカップ付きインナー。
[画像4: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-717800-4.jpg ]

・モールドブラ付キャミソール(M/L7,800円+税、LL/3L8,000円+税)
着膨れせずにすっきり着られる便利なカップ付きインナー。この1枚でシルエットもキレイにみせます。
<カラー>ベージュ、ブラック(2色展開)

アウターを綺麗に着こなすためのシルエットにこだわったスタイリッシュタイプ。
[画像5: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-140087-6.jpg ]

・ワイヤレスブラ(M/L 4,800円+税、LL 5,000円+税)
バストラインを美しくみせるブラジャー。ホック裏やストラップ裏、カップふちのテープなど肌にあたる面は全てシルク素材です。
・シームレスショーツ(M/L 3,800円+税、LL 4,000円+税)
縫い目のゴロつきが少ないシームレスタイプ。足口は折り返し仕様で、ラインがアウターにひびきにくい仕様です。
<カラー>グレージュ、シルバーグレー、ネイビー(3色展開)

◆販売情報
 当社公式オンラインショップからご購入いただけます。
 カタクラオンラインストア http://katakura.jp/

◆ブランドサイト
 Katakura Silk http://www.katakurasilk.jp/

【世界文化遺産「富岡製糸場」との関係】
[画像6: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-297728-7.jpg ]

 片倉工業は、1939年から2005年までの間、民間最後のオーナーを務めるとともに、蚕種改良や世界初の全自動繰糸機開発などの技術革新により、シルク産業における世界の架け橋となりました。富岡製糸場の操業が停止し、富岡市に寄贈後の今も、守ってきた伝統や信頼、確かな技術力は受け継がれ、高品質で着心地に優れたシルク商品の企画・開発・販売を行っています。

【シルクに関する情報サイト】
[画像7: https://prtimes.jp/i/24645/12/resize/d24645-12-828604-8.jpg ]

 シルクに関する優れた機能性などの基本情報やファッション、美容、歴史などさまざまな情報をお届けする情報サイト「シルクと暮らすー知っておきたいシルクの魅力ー」を公開しています。
 http://www.katakura.co.jp/silk/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧