BS-TBS『Sound Inn “S”』

株式会社BS-TBS
2017年7月16日(日)18時00分から放送~ゲストは、Dream Ami

[画像: https://prtimes.jp/i/5544/114/resize/d5544-114-592708-0.jpg ]

最高のアーティストと最高のサウンドメーカー(アレンジャー)、さらに最高のミュージシャンが、この番組のためだけに、一堂に会し、「一夜限りで、時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド」をお届けしている、『Sound Inn “S”』。
今月のゲストは、Dream Ami。
E-girlsの中心メンバーとして活躍してきた彼女は、先月、そのE-girlsを卒業。ソロ・アーティストに専念して活動することとなった彼女の魅力を余すところなく紹介していく。
1曲目は、映画の主題歌としても話題となった、彼女のオリジナル曲、「はやく逢いたい」。
アレンジは、aikoやいきものがかりを担当した音楽プロデューサーとしても知られる島田昌典。
島田は、この曲を、80年代から90年代にイギリスで流行した、弦やブラスが入りビートが華やかなブリットポップ仕立てにアレンジ。
いつもとまったく違うという雰囲気に、楽しく歌えたという彼女の新たな魅力を発見できる一曲となる。
2曲目は、斎藤ネコのアレンジで、彼女も大好きだというディズニーメドレーで、「白雪姫」の「いつか王子様が」と、「ピノキオ」の「星に願いを」。
ディズニーでは、映画の作品やキャラクターはもちろん、その中でも、音楽がとても好きだという。
最近では、「ズートピア」の主題歌も担当するなど、彼女と斎藤が奏でるディズニーメドレーは、見事に夢の世界へと誘ってくれる。
3曲目は、彼女の最新曲、「君のとなり」。テレビでは、この番組で初公開となる。
アレンジは、JUJUや平井堅などを担当する音楽プロデューサー本間昭光。
本間は、リリースされた作品は、リズムが前に出てきているが、彼女の声が響くところを聞かせたいということで、せっかく、ストリングスもいて、囲まれたセットを生かしたアレンジに仕立てたという。
作詞を担当したAmi自身も、サビが短いので、少ない言葉で一番伝えたいことをどのように伝えるかに苦労したという。
しっとりとした、等身大のラブソングに、この番組ならでは、この日この時間一度限りのサウンドは、必見に値するものとなる。
今宵も、一夜限りの貴重なサウンドをぜひお楽しみに!

※今月は、いつもと放送日・放送時間が、違い、日曜日の18時となります。

※ 『Sound Inn “S”』 とは
1974年4月~1981年3月に、TBS系列にて放送されていた音楽番組。
当時もセイコーによる一社提供番組で、今回も、 現セイコーホールディングスによる、一社提供番組として、
BS-TBSにて復活を遂げ、毎月第3土曜日に好評放送中。
(今回に限り、第3日曜日の18時からの放送となります。)

<番組HP>
http://www.bs-tbs.co.jp/music_stage/sis/

<番組公式Twitter>
https://twitter.com/soundinns

<今月のゲストDream Amiさんからのコメント>
今回は新曲、「君のとなり」と前作の、「はやく逢いたい」、そして、小さい頃からいつもそばにあった大好きなディズニー作品から、「いつか王子様が」と「星に願いを」をカヴァーで歌わせていただきました!
名だたるミュージシャン、そして奏者のみなさんに演奏をしていただき、他では感じた事のない緊張もありましたが、みなさんの素晴らしい演奏にサポートしていただき、とても貴重な経験をさせていただきました。
今回アレンジをしてくださった斎藤ネコさん、本間昭光さん、島田昌典さん。
皆さんどの曲も本当に素晴らしく、そして今までのDream Amiにない新しいアレンジで、いつも歌っている曲を違う角度から楽しませていただきました!
とても特別な一日となりました。
視聴者のみなさんにもこの独特な空気感と音楽の持つ純粋な力を感じてもらえたら嬉しいです!
素敵な時間をありがとうございました。

<プロデューサー服部英司からのコメント>
2002年にオーディションを経てdream(当時)に14歳で加入し、2011年からはE-girlsの主要メンバーとして活躍してきたDream Ami。
グループ活動において結果を残してきた彼女が、今後ソロとして新たな道を歩み始めます。
彼女がこの世界に進むキッカケとなったのは、ディズニー作品に魅了されたこと。
そんなディズニー楽曲から、「白雪姫」の、「いつか王子様が」と、「ピノキオ」の、「星に願いを」をメドレーで披露します。
自らもバイオリンの名手である斎藤ネコが弦楽器をフィーチャーしてアレンジ。
まるで舞踏会のような世界観で歌唱する貴重な姿をお楽しみいただけます。
そして映画の主題歌として話題となった本人曲、「はやく逢いたい」は島田昌典がリアレンジ。
ブリットポップ(90年代に流行したイギリスのポピュラー音楽)の要素を取り入れ、弦やブラスでビートが華やかになったメロディーは、Dream Amiのトレードマークと言える“笑顔”はじけるセッションとなりました。
さらに、本人の最新曲、「君のとなり」を、音楽プロデューサー・本間昭光のアレンジにより、テレビ初披露致します。
「自分らしさを見つけたい」という思いでソロ活動に挑むDream Ami。
初対面となる先輩アレンジャーたちとのセッションによって、様々な発見があったのではないでしょうか?
一夜限りのサウンドと共に、是非ご覧ください。

<出演>
Artist  Dream Ami
Arrange & Conductor 斎藤ネコ
Arrange & Piano & Rhodes 島田昌典
Arrange & Piano 本間昭光
Piano 松本峰明
Drums 伊藤史朗
E.Guitar 西川進
A&E Guitar 福原将宜
E.Bass 海老沼崇史
L.Percussion 藤井珠緒
Violin/Top(Strings) 室屋光一郎
Violin 伊藤彩
    石亀協子
柳原有弥
小寺里奈
山本理紗
Viola 生野正樹
島田智子
Cello 堀沢昌己
奥泉貴圭
Trumpet 中野勇介
二井田ひとみ
Harp 朝川朋之
Chorus 高橋あず美
佐々木詩織
Manipulator 飯塚啓介

<ナレーション>
恒松祐里

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ