popIn、TBSの連続ドラマ『わにとかげぎす』のスマホ向け縦型動画広告を制作、配信を開始

popIn株式会社
popIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:程 涛、以下 popIn)は、TBSにて7月19日(水)よりスタートするくりぃむしちゅー・有田哲平初主演連続ドラマ『わにとかげぎす』(http://www.tbs.co.jp/wanitokagegisu/)のプロモーション用縦型動画広告を制作、本年7月15日から放送開始の19日まで配信します。

popInが提供する動画広告ソリューション「popIn Video Solution(※)」をご活用いただくことで、スマートフォンを利用している多くのユーザーにリーチでき、さらにスマホ利用を考慮した質の高いクリエイティブを楽しんでいただくことができます。popInは、本ソリューションで、TBS新ドラマのプロモーションをサポートします。

※「popIn Video Solution」とは、スマホの縦型動画広告を展開する上で必要となる、企画・制作~配信・拡散~分析・改善の全ファンクションをワンストップで支援するサービスです。スマートフォンならではの特徴的なクリエイティブとターゲット層にあったメディアへの配信についてご好評いただいております。

<広告クリエイティブイメージ>

popInでは、スマホでの閲覧を考慮した質の高い動画広告のクリエイティブを制作します。スマホならではのSNSっぽさや、ゲーム感を活かし、実際の番組への期待感も煽ります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17805/13/resize/d17805-13-951680-3.jpg ]

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Nf2HZDXP0Xw&feature=youtu.be ]

<「わにとかげぎす」について>
テッペン!水ドラ!!「わにとかげぎす」
7月19日(水)よる11時56分スタート

[画像2: https://prtimes.jp/i/17805/13/resize/d17805-13-194674-4.jpg ]

(C)TBS
【みどころ】

「わにとかげぎす」は、「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ~ル」などで知られる漫画家・古谷実氏の連載6作目となる作品で、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」にて連載された。累計発行部数(紙と電子)が80万部の人気作品で、ショボクレ警備員の富岡ゆうじが“没な人生”にお別れするため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくストーリーである。なお、古谷の作品が連続ドラマ化されるのは今回が初めて。

【あらすじ】

深夜のスーパーマーケットで警備員をしている富岡(有田哲平)は、日々の生活に疑問と不安を覚え、孤独は罪だと自覚する。ある夜、流れ星に「友達が欲しい」と願うものの、現れたのは、富岡に一目惚れする謎の隣人女性・羽田(本田翼)。その気持ちに全く気付かない“最強に最弱な男”富岡。果たして二人の恋は始まるのか--。

さらに、人生放浪者と称するホームレスのオヤジ(光石研)の出現や、「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状により、富岡の人生は一変していく・・・。

【スタッフ】

原作   「わにとかげぎす」

古谷 実(講談社「ヤングマガジン」刊)

脚本    高橋 泉(映画「凶悪」「ミュージアム」「ソラニン」)

プロデュース 峠田 浩(『逃げるは恥だが役に立つ』『コウノドリ』『毒島ゆり子のせきらら日記』)

藤田大輔(スロータイド)

演出 坪井敏雄(『カルテット』『毒島ゆり子のせきらら日記』『家族狩り』)

【出演者】
富岡ゆうじ 有田哲平(くりぃむしちゅー)
羽田梓 本田 翼
花林雄大 賀来賢人
雨川勇 吉村界人
吉岡華    コムアイ(水曜日のカンパネラ)
島田裕至   DOTAMA
川上     福山翔大
堀田     ACE

上原洋介 淵上泰史

東金直弥 村上淳
ホームレスのオヤジ 光石 研

<「popIn Video Solution」の特徴>

【企画・制作】
スマートフォンでの閲覧を考慮した縦型動画の制作・編集に豊富な経験を持つスタジオとの連携によるクリエイティブ支援をします。

【配信・拡散】
約450サイトからニーズにあわせてメディアが選択できる「popIn Video Ads」は 日本最大級の縦型動画配信ネットワークを保有しています。

【分析・改善】
配信後にレポートを提出します。動画視聴数(25%, 50%,75%, 完全視聴)アクション数(シェア数、カレンダー登録数)属性レポート(男女、年齢層など)

<スマートフォンに最適な縦型動画「popIn Video Ads」の特徴>
[画像3: https://prtimes.jp/i/17805/13/resize/d17805-13-523221-2.jpg ]

・広告へのネガティブな印象をなくす
コンテンツ記事を読み終わった後に広告を表示されることで、ユーザーのみたいコンテンツを邪魔せずにネガティブな印象を残しません。

・プレイヤーレスな自動再生で出会う
プレイヤーを立ち上げることなく、スマートフォンのWEBブラウザ上で自動的に再生されます。

・コンテンツとして出会う
ネイティブな動画広告であり、長尺の動画でもユーザーに最後まで閲覧していただけます。

・SNSへのシェアとレポートを充実
最新の動画広告として、最低限必要な項目に加えて、【SNSシェア】、【LP自動生成】、【カレンダー登録】、【レポート用キャプチャ】などの充実な機能を準備しております。

<今後について>
popInは今後も、ユーザーにとって違和感のない「ネイティブな広告体験」やエンタテインメントを追求した質の高い広告クリエイティブを提供し、広告主様により効果の高い広告メニュサービスを提供をしてまいります。

<popIn株式会社の会社概要>
本社所在地  東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー39階
代表者    代表取締役 程 涛
会社URL   http://www.popin.cc/
主な事業内容  大手ニュースメディアに対し、ネイティブ広告に対応したコンテンツ発見プラットフォームなどインテリジェント化サービスを提供

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧