国内初!サーフィンエアリアル体験施設を兼ねたスケートパーク「Hurley Aerial Park @KBP Yuigahama」期間限定で由比ガ浜海水浴場にオープン!

株式会社フィートプロモーション
7月15日(土)~8月31日まで!

[画像1: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-856009-6.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-322374-1.jpg ]

鎌倉市由比ガ浜海水浴場で昨年初めて展開した、海水浴とスケートボードが楽しめる施設『Kids Beach Park(KBP)』が今年さらにパワーアップ。サーフィン界のグローバルブランドHurleyの日本法人Hurley Japan(本社:東京都渋谷区)とタッグを組み、国内初となるサーフィンのエアリアルを体験できる施設『Hurley Aerial Park @KBP Yuigahama』として2017年夏展開いたします。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=r-3exMTS5Ks ]

近年のサーフィンコンテストでは、空中に飛び出して多彩な技を繰り出す「エアリアル」がますます重要になっています。とはいえ、波の上では常にコンディションが異なり、同じ環境での反復練習ができないため、技術向上に時間がかかるのが実情。そこで、サーフィンの陸上トレーニングとして多くの選手が取りいれているスケートボードのスケートランプにサーフィンのエアリアルを集中的に練習できる特別な設計を施しました。サーフィンの本場オーストラリアでも取り入れているエアリアルプログラムを今ある環境の中で実現したのが『Hurley Aerial Park @KBP Yuigahama』です。国内としては初の試みとなるエアリアルパークを夏休み期間限定で一般サーファー向けにオープンします。

[画像3: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-677770-2.jpg ]

『KBP』は昨年から子供達やファミリーが楽しめる、安心安全なビーチの過ごし方を提案してきました。Hurley Japanはその姿勢に共感しサーフィンブランドとして何ができるかを考えた結果、新しいエアリアル練習方法の提案という形で日本のサーファーに貢献したいと考え、今回の国内初の試みが実現しました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-432218-4.jpg ]

『KBP』運営代表長谷川氏のコメント
「2016年夏より、“家族で一日中楽しめるビーチ”をコンセプトに、海水浴場の砂浜で遊べる施設を計画いたしました。「海との親和性」「気軽に体験できる」という視点から、スケートパークを実施いたしました。子供達を中心としたビギナーの方達は、コーチによるレッスンを受けたり、滑れる子供達は、上手な来場者達と触れ合い、アドバイスをいただいたりしながら、笑顔が溢れる空間になっていました。
本年はHurley、HALEO、bernという企業の協力により、国内初のサーファー用のエアリアル施設も併設する事ができました。昨年以上にパワーアップした施設で、皆さんが楽しむ姿が見れることを心待ちにしております。」

[画像5: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-568890-5.jpg ]

Hurley Japan代表の眞喜志氏のコメント
「昨年から子供達やファミリーのビーチでの新しい過ごし方を提案しているこのキッズ・ビーチ・パークの考えに賛同し、サーフィンブランドとして何ができるかを考えた結果、こういった形で実現できて大変嬉しく思っています。
夏休み限定という時間的制限があることで、例えば夏期講習のように、集中的に練習することで、一夏で飛躍的にエアリアルが上達できる可能性を秘めていると思います。これをきっかけに、将来的にはスノーボードのインドア施設のように、1年中こういった環境を整えてあげることは、今後日本のサーファーが世界のトップを目指す上で非常に重要だと考え、また同時に、子供達の無限の可能性を引き上げる環境を整える責務を我々大人は負っていると思います。このエアリアルパークは国内初の試みですが、コーチ陣がユーザーの技量を確認しつつ安全に運営していくので、向上心を持って、また想像力を豊かに思いっきり楽しんでもらいたいと思います。」と将来の展望についても熱く語りました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-800232-0.jpg ]

2020東京オリンピックに向けての国内選手強化を担う日本サーフィン連盟の井本氏のコメント
「今回の試みは選手強化という観点からも非常に興味深いプロジェクトだと思います。もちろんサーフィンの競技採点基準はエアリアルだけではないですが、その重要性が国際的にも叫ばれているのは事実です。今回、エアリアルに特化した国内初の試みをHurleyが行った意義は非常に大きいと感じます。我々としても、2020年に向けて世界レベルで戦える国内選手の育成は急務であり、今回のハーレー・エアリアル・パークが多くのサーファーの意識向上にも寄与すると信じています。」
[画像7: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-280177-3.jpg ]

施設名称:Hurley Aerial Park @KBP Yuigahama
場所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜海岸
期間: 7月15日(土)~ 8月31日(木)年中無休でオープン # 雨天中止
HP : http://kids-beach-park.com/
営業時間:10:00~17:00
10:00 – 12:00 スケートボードスクール
12:00 – 17:00 フリーライド / エアリアルパーク
入場料 1hour ¥300 1day ¥1000 スケートボードスクール ¥500
#利用料に傷害保険、ヘルメット、プロテクターレンタルを含む。

安全上、時間当たりの参加人数に限りがあり、事前に公式ホームページ内での予約が必要。
また期間中は各種イベントも開催しており、スケートボードスクールは初級者から楽しめ、スタンプカードでレベルUP、フォトコンテスト、スペシャルDAYなど、リアルサプリメントのHALEOからは、スペシャルプレゼント、イベント開催など、随時ホームページ内で告知予定。

【主催】キッズ・ビーチ・パーク製作委員会(株式会社フィートプロモーション内)
【企画・制作】株式会社フィートプロモーション 、ハイドロ HYDRO shapes & designs、BARCO quality custom homes
【協賛企業】ハーレー・ジャパン、株式会社ボディープラスインターナショナル、bern
【協力】株式会社テレストリカル、株式会社カラーズマガジン、 株式会社MOVE
【公式サイト】http://kids-beach-park.com/

[画像8: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-928290-11.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-755250-8.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/27146/1/resize/d27146-1-736298-9.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧