自宅の半径1キロ圏内にあるスクール情報が無料で届く!『おけいこぱど』武蔵小杉・川崎版9/15臨時創刊!!

ぱど
~大人も子どもも通いやすい、だから長く続けられる! 秋からはじめるスクール情報~

「情報を通じて人と人 人と街をつなぎ 人も街も元気にする」をモットーに地域密着型情報誌を発行、本年で創業30周年を迎えた株式会社ぱど(本社・東京都品川区、代表取締役社長 倉橋 泰)では、近年人口増加の著しい川崎市(京都市を抜き人口が全国7位 ※平成27年度国勢調査速報より)にて 『おけいこぱど 武蔵小杉・川崎版』を臨時創刊いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/1212/79/resize/d1212-79-906645-0.jpg ]

人口増加の背景には武蔵小杉駅、川崎駅周辺はかつての工場群が移転し再開発が進み、都心へのアクセスの良さに加えタワーマンションをはじめとする住環境や住みやすい周辺環境も整い、ファミリー層が多く流入したことが人口増加の大きな要因といわれています。そこで株式会社ぱどでは、子どもの習いごとに関するアンケート結果*(下記参照)に着目、「子どもに習い事をさせたい」という子育て中の女性、また子育ても一段落し「自分磨きをしたい」という女性に向け、スクールの集積エリア半径1キロ圏内の世帯にポスティング配布、狭域にこだわることで通いやすさを重視しました。今までお子さんに習い事をさせても「送り迎えがたいへん」「習い事をはじめたいけれど時間の制約がある」という方々にもぜひご活用いただきたいという思いを込めてお届けいたします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/1212/79/resize/d1212-79-173983-1.jpg ]

(※2017年1/10~1/14 ぱど公式アプリ「ぱどにゃんこCHECK」利用者4,070人にアンケート実施結果より)

【媒体概要】 2017.9/6現在
名称:おけいこぱど 武蔵小杉・川崎版  サイズ:AB版 16P   部数:30,000部
発行・配布:2017年9/15発行 9/19~9/26スクール集積地半径1km圏内の一般世帯へポスティング
次号発行2018年3月予定

株式会社ぱどとは?
https://www.pado.co.jp/
地域密着型情報誌「ぱど」をはじめとして「まみたん」「アフルエント」「L’ala Pado」「ハマカラ」等、地域生活やライフスタイルを 提案する情報誌を発行。2014年よりスマートフォンアプリ「ぱどにゃんこcheck」の サービスを開始。情報伝達の手段はますます多様化し進化を続けていくなかで変わらない、生活に密着した地域情報の必要性のため、多くの皆様に喜ばれる情報サービスを提供、「読まれる・使われる、より良い情報誌・インフラ」づくりに努める。2017年3月よりRIZAPグループ入り。

■一般読者様からおよび広告主様からのお問い合わせ
株式会社ぱど 総合受付 0120-090-810 (月~金 10:00~18:00)
https://www.pado.co.jp/contact

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ