Ferrari Portofino イタリアン GT のエクセレンス、フランクフルトで発表

フェラーリ・ジャパン株式会社
テーラーメイド・エリアでは、70周年記念カラーを展示

[画像1: https://prtimes.jp/i/19221/28/resize/d19221-28-784031-0.jpg ]

2017年9月12日、ドイツ・フランクフルト発 70周年記念の今年、フェラーリは2度目のワールドプレミアを開催しました。Ferrari Portofino は、スポーツ性とエレガンス、そして快適な乗り心地の完璧な融合によって、このセグメントに新風を吹き込む新型 V8 GT です。

2016年と2017年、2年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したエンジン・ファミリーの一員であるフェラーリ V8 ターボを搭載したこの新型車輌は、出力600 cv、0-200 km/h 加速わずか10.8 秒というパワーと俊足を誇ります。同時に、リトラクタブル・ハードトップ、広いトランク、ゆとりある乗員スペース、そして小旅行に適した2つのリアシートといった数々の利点も備えています。その結果、Ferrari Portofino は、最もパワフルなコンバーチブルとなりました。

この新型車輌は、リグーリア州リビエラの最も魅力的な街のひとつ、ポルトフィーノにちなんでネーミングされました。長年にわたりポルトフィーノは、エレガンスと唯一無二の気品あふれる景勝地の象徴として世界的に知られている街です。その名を冠した新型車輌は、GTレンジで最も多用途性に優れたモデルとなりました。毎日のドライビングを楽しんでいただけるよう設計されたこのフェラーリは、低速走行中であっても、わずか14秒で本格的なベルリネッタ(クーペ)からオープントップ・スパイダーへと姿を変えます。デザイン、性能、テクノロジーが高次元で融合したこのモデルは、あらゆるシーンに対応する特性を備えています。

フランクフルトのフェラーリ・スタンドでは、2つの新色も発表します。そのひとつは、ニューモデルのネーミングとなった美しい街に敬意を表した新色 Rosso Portofino 。そして、もうひとつのカラーは、ヒストリック・フェラーリのボディ素材として使われていた軽金属を想起させる Grigio Alluminio Opaco(マット・アルミニウムグレー)です。この新色を纏った2台の新型 Portofino の隣には、Blu Americaカラーの GTC4Lusso 、テーラー・メイド・プログラムの新3層グレーペイントで仕上げられた 812 Superfast 、そして華麗なRosso Formula 1カラーの Ferrari 488 GTB といった現行ラインナップが並びます。また、テーラーメイド・エリアには、Ferrariの70周年を記念したカラーで仕上げられた 488 Spider がディスプレーされます。この記念カラーは、かつてドミニカ共和国のジェントルマン・ドライバー、ポルフィリオ・ルビロサ氏が所有していた、ピニンファリーナ・ボディーの1954年型 Ferrari 500 Mondial spider をイメージしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19221/28/resize/d19221-28-230862-1.jpg ]

フェラーリに関する最新情報は、Ferrari.com(日本語版)よりご覧いただけます。
http://www.ferrari.com/ja_jp/

【報道関係者からのお問い合わせ先】
フェラーリ・ジャパン・プレスオフィス コミュニオン株式会社
山内 敦 / 大内 夏奈子
E-mail:ferrari@communion.co.jp
TEL:03-5468-5278 / FAX:03-5468-5279

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ