ドイツに駐在員事務所開設

オプテックス株式会社
ドイツ・スイス・オーストリアでの屋外用防犯センサの販売拡大を目指す

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)の欧州統括会社であるOPTEX(EUROPE), LTD. (所在地:英国、バークシャー)は、屋外用防犯センサのDACH圏(ドイツ・スイス・オーストリア)での営業活動を強化し、販売の拡大を目指すとともに、現地の代理店やパートナーとの協業や連携を推進することを目的に、2017年10月1日付でドイツ、オッフェンバッハに駐在員事務所を開設いたします。

https://www.optex-europe.com/news

 オプテックスの主力事業であるセキュリティ市場は、ヨーロッパが最も大きいマーケットを有しています。その中でもDACH圏はこの2-3年でセキュリティ市場の需要が拡大していますが、当社はまだポジショニングが弱い状況にあります。今回、ドイツに駐在員事務所を設立することで、現地での積極的な営業活動とともに、代理店やパートナーとの協業や連携により、ビジネスの拡大を進めてまいります。また、顧客の近くで迅速で機動的なコミュニケーションを図り、製品の提案を行い、現地でのブランド浸透を確立していきます。DACH圏では、住宅用、商業用、重要施設向けの各種屋外用防犯センサを取り扱います。
[画像: https://prtimes.jp/i/12195/28/resize/d12195-28-260063-2.jpg ]

将来的には、自動ドア関連、IoT関連のビジネスや新市場開拓を行う拠点として、成長、発展させることを目指しています。

社名:OPTEX(EUROPE), LTD. German Office
住所:Kaiserleistrasse 43, 63067 Offenbach
設立日:2017年10月1日
代表者:Thomas Napora

Business Development/Sales責任者 Thomas Napora コメント
「屋外用の侵入検知センサは、犯罪を未然に防ぐセキュリティ対策の第一線にあります。DACH圏でも、レーザーや赤外線技術を使った防犯センサへの関心が高まってきています。ドイツ事務所の開設により、セキュリティソリューション全体に重要な役割を果たす当社のセンサの販売拡大を推進するとともに、セキュリティシステムの設計、ビデオ管理ソフトウェアとのインテグレーションサポート、トレーニングなどを行い、販売パートナーやシステムインテグレーターとの強固な関係を構築していきます。」     

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ