世界74カ国200以上のエンターテインメント施設を展開するハードロック・インターナショナルの日本法人、ハードロック・ジャパン 今秋、東洋大学にて寄付講座を開設

ハードロック・インターナショナル
観光産業とホスピタリティにおける人材育成を目指す

 世界74カ国200以上の施設を展開するハードロック・インターナショナル(本社:フロリダ州、オーランド、会長:ジム・アレン)の日本法人、ハードロック・ジャパン(本社:東京都港区、CEO:エドワード・トレーシー)は、東洋大学(所在地:東京都文京区、学長:竹村牧男)にて秋学期より、寄付講座「グローバルホスピタリティ論」を開設しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/27355/5/resize/d27355-5-774157-1.jpg ]

 ハードロック・インターナショナルは日本国内に6軒のカフェ、そして世界各地に20軒以上のホテルと10箇所以上のエンターテイメント施設を展開し、卓越したエンターテインメントおよび接客産業施設の開発・運営において、確固とした実績を残しています。

 東洋大学は1963年に当時の短期大学では日本初となる観光学科を創設して以来、50年以上にわたって日本の観光・ホスピタリティ教育を牽引してきました。この伝統と実績を基盤として2017年4月に『国際観光学部』へ改組し、次代の観光・ホスピタリティ人材育成に向けた新たな取り組みを薦めております。その一環として、この度ハードロック・ジャパンによる寄付講座を開設することを決定しました。初学期(9月22日~1月29日)には、アメリカのハードロック・インターナショナルよりホスピタリティにおいて経験豊富な社員をゲスト講師として招き、特別講義を開催。観光産業とホスピタリティにおける人材育成の開発を支援します。

 また、本コースではより実践的かつ体系的な教育を目指し、国内初となるハードロック・インターナショナル・グループでのインターンシッププログラムの実施も考えております。

 今後も、日本の皆さまに幅広い世代で楽しめるエンターテイメントをお届けすべく、様々な活動に取り組んでまいります。

■ハードロック・インターナショナルについて
ハードロック・インターナショナル(以下、HRI)は現在、計74カ国において170以上のカフェ、20軒以上のホテル、10箇所以上のエンターテイメント施設を運営する国際的に高い認知を獲得している企業の一つです。エリック・クラプトンのギターに始まり、ロック・ポップ音楽界のミュージシャンの記念品を世界に数多く所有しており、各国の自社施設で展示しています。また、コレクターも多いアパレルや音楽関連のグッズのほか、コンサートやイベント会場としてご利用いただける「ハードロック・ライブ」施設や受賞歴のあるウェブサイトでも広く知られています。HRIは全てのハードロックブランドの国際商標を所有し、「ハードロックカフェ」をロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、シドニー、ドバイなどの主要都市にて所有あるいは運営(フランチャイズ契約も含む)。親会社であるザ・セミノール・トライブ・オブ・フロリダが所有・運営するタンパとハリウッドの大型リゾートを筆頭に、今後はアブダビ、アトランタ、アトランティック・シティ、ベルリン、ドバイ、ロンドン、ロスカボス、ニューヨーク、深セン、また中国の大連、海口に「ハードロックホテル」、カイロ、インスブルック、アンドラ・ラ・ベリャ、成都に「ハードロックカフェ」の開業を予定しています。
URL: https://hardrock.co.jp/

エドワード・トレーシー (Edward Tracy)
ハードロック・ジャパン株式会社 最高経営責任者(CEO)兼 ハードロック・アジア最高経営責任者(CEO)
[画像2: https://prtimes.jp/i/27355/5/resize/d27355-5-265516-0.jpg ]

2010年 サンズ・チャイナに入社。翌年 同社CEOに就任。
2017年1月 日本法人設立にともない、CEOに迎えられる。
・ホスピタリティ業界に30年以上の経験を持つ。
・2014年には、米経営学誌のハーバード・ビジネス・レビューが発表する 「世界のCEOベスト100」の一人に選出される。

■東洋大学 および 国際観光学部 について
明治20(1887)年に「私立哲学館」として、井上円了博士により創立され、2017年に創立130周年を迎えた総合大学です。
東洋大学の観光・ホスピタリティ教育の歴史は日本で最も古く、1963年に東洋大学短期大学に日本初となる観光学科を創設。2001年に4年制の学科「国際地域学部国際観光学科」へ発展させるなど、50年以上にわたって日本の観光・ホスピタリティ教育を牽引し、その実績を基盤に2017年4月に「国際観光学部」へと発展的に改組しました。
国際観光学部では、産業と政策の両分野で即戦力となる実務能力を身につけ、観光立国・日本に貢献できる人材の育成を目指し、3年間の長期インターンシップを課すコースの設置や1学年全員での海外研修など、新たな取り組みを進めています。
▼学部長:飯嶋 好彦
▼キャンパス:白山キャンパス(東京都文京区)
▼入学定員:366人
▼分野・コース:観光産業分野(ツーリズムコース、エグゼクティブマネジメントコース、サービスコミュニケーションコース、観光プロフェッショナルコース)、観光政策分野(観光政策コース)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ