日常にこそ、聞きたい言葉が眠っている--東田直樹の連載「絆創膏日記」が文芸情報サイト「カドブン」で配信開始!

株式会社KADOKAWA
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、文芸情報サイト「カドブン」(https://kadobun.jp)にて、東田直樹さんの連載「東田直樹の絆創膏日記」を2017年11月15日(水)より配信開始します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3887/resize/d7006-3887-525438-5.jpg ]

会話のできない重度の自閉症者として、その内面を綴った著書『自閉症の僕が跳びはねる理由』が世界的なベストセラーに。鋭い観察力と瑞々しい感性で綴られる言葉が、大きな感動を呼んでいる東田直樹さん。待望の新連載となる「絆創膏日記」が文芸情報サイト「カドブン」で11月15日(水)よりスタート(毎週水曜更新予定)します!

○第1回 僕が回るタイヤをみつめる理由
https://kadobun.jp/readings/102

作家・東田直樹はどんな日常を過ごし、何を想うのか--。初めての公開日記です。どうぞお楽しみに!

○東田直樹さんからのメッセージ
僕は、25歳の作家です。
11月からカドブンに「東田直樹の絆創膏日記」というタイトルのエッセイを連載させていただけることになりました。
どうぞ、よろしくお願いします。

僕の毎日は、とりたてて珍しいものではありません。それでも、日記を書こうと考えたのは、日々起きる出来事に同じものはなく、全てが少しずつ違っていると思うからです。それは、新しい世界が構築されるために必要不可欠なことであり、自分の力だけでは抗いようもない大きなエネルギーに導かれた結果です。見て聞いて感じているこの世界は、自分だけのものではありませんが、僕にしか表現できない言葉が頭の中には詰まっています。

説明できることには、限界があります。けれど、限界を超えた言葉の表現を目にした時、人は心からの感動を覚えるのではないでしょうか。
特別なことが起きないいつもの風景は、少し物足りないように思うかもしれません。でも、僕は日常にこそ、人が聞きたい言葉が眠っているような気がしています。

翌朝、目覚めた時、そこにあるのは今日とは別の世界です。新しい生活を始める前に、気持ちを整理しなくてはいけません。人の心は繊細で、些細なことで傷ついてしまうのです。
このエッセイが心の手当てをする、そんな「絆創膏」の役目になれば幸せです。

○著者紹介

東田 直樹(ひがしだなおき)
1992年8月千葉生まれ。作家。重度の自閉症。パソコンおよび文字盤ポインティングにより援助なしでのコミュニケーションが可能。理解されにくかった自閉症者の内面を13歳の時に綴った著書『自閉症の僕が跳びはねる理由』(エスコアール)が話題になり、2013年には英語版がデイヴィッド・ミッチェルの翻訳で刊行。その後20か国以上で翻訳され世界的なベストセラーに。エッセイ、詩集、絵本など著書多数。最新エッセイに『自閉症のうた』がある。

東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症の僕が跳びはねる理由
http://higashida999.blog77.fc2.com/

○書籍情報

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/3887/resize/d7006-3887-798690-2.jpg ]

『あるがままに自閉症です』
世界的ベストセラー『自閉症の僕が跳びはねる理由』につづく感動エッセイ!
定価:本体560円+税
発売日:2017年06月17日
レーベル:角川文庫
http://www.kadokawa.co.jp/product/321701000543/

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/3887/resize/d7006-3887-502544-3.jpg ]

『自閉症の僕が跳びはねる理由2』
会話のできない自閉症者の心の声とは?世界的ベストセラーの高校生編!
定価:本体560円+税
発売日:2016年06月18日
レーベル:角川文庫
http://www.kadokawa.co.jp/product/321602000132/

[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/3887/resize/d7006-3887-633108-4.jpg ]

『自閉症の僕が跳びはねる理由』
28か国で翻訳、世界的ベストセラー!会話のできない自閉症者の心の声。
定価:本体560円+税
発売日:2016年06月18日レーベル:角川文庫
http://www.kadokawa.co.jp/product/321602000131/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ