20年以上にわたる石油産業への貢献が讃えられ、カンボジア政府より勲章を受章

出光興産株式会社
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡 隆、以下当社)はカンボジアの石油業界発展のために20年以上に渡り、石油開発の技術支援、石油法など関連法案整備に対するサポートを行ってまいりました。このたび、長年に渡る石油産業発展への貢献が讃えられ、カンボジア政府フンセン首相より「カンボジア王国友好勲章」を当社志賀社員が受章しましたので、お知らせいたします。

記念式典の様子

[画像: https://prtimes.jp/i/23740/74/resize/d23740-74-702152-0.jpg ]

             左  :萩原栄治上席執行役員資源部門統括(兼)資源部長
             中央:志賀博人社員(現非常勤嘱託)
             右 :鉱山エネルギー省スイセム大臣

プレスリリース内容

プレスリリースURL:http://www.idemitsu.co.jp/company/news/2017/171115.html

 当社は1990年代に、カンボジア沖で石油開発の探査※1をしていた経緯もあり、1990年代後半から石油開発における探査・掘削※2手法の指導、教育など同国において技術支援を実施しておりました。

 1996年より一般財団法人石油開発情報センター(ICEP)の助成を受けながら、志賀社員を派遣いたしました。その後20年以上に渡り、志賀社員は当社ノルウェー等での経験を生かしながら、同国石油開発事業における法律作成のサポートや契約分野の人材育成に関わってきました。2016年に当社の非常勤嘱託になってからも、カンボジア政府から石油法など関連法案整備に対するサポートの要請を受けて、同国のアドバイザーとしてサポートを継続し、同国の石油業界発展に尽力してまいりました。

この長年に渡る功績が讃えられ、このたび、同国鉱山エネルギー省で執り行われた記念式典にて、同省スイセム大臣から志賀社員に勲章と表彰状が手渡されました。
当社は今後も、様々なサポートを通して、カンボジアの石油産業発展に貢献してまいります。

※1 探査:石油の存在する地質構造をさがすこと
※2 掘削:石油・ガスを取り出すための井戸を掘ること

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ